バッグを極限まで小さくしてみるチャレンジ

小さいバッグに関する記事は過去にもいくつか書きましたが、

 

最近はどこに行くにも財布バッグを持ち歩いています。  財布にちょっとした小物入れがついているだけの小さなバッグなので、油断しているとすぐに中身がいっぱいになって、パツパツになります。なので...

 

 通勤やちょっとしたおでかけの時に使っている財布ポシェットの中身。 内訳は、 ニベアのリップクリーム ちふれの口紅 ロクシタンのハンドクリーム 化粧直し用のアイライナー(すぐ目の周りこすっ...

 

先日、今までの財布バッグよりさらに小さくてかわいいバッグを見つけたので、買ってみました!

 

 

極限まで小さいバッグを買いました

 

 

このバッグをみつけたのはstudio CLIPです。

「カードが収納できるスマホケース」は前々から探していたのですが、このバッグはさらにファスナーポケットの現金入れもついています。

大きさは手帳型スマホケースより一回り大きめ。

本当に「これひとつで出かけられる」ラインのギリギリのところを攻めたバッグです。笑

今までの財布バッグと区別して、便宜上「スマホバッグ」と呼びたいと思います。

 

 

スマホバッグの中身

 

  • アイフォン6
  • 鏡(バッグ本体にくっついてるタイプ)
  • クレジットカード
  • ゆうちょ銀行のキャッシュカード
  • 保険証
  • 免許証
  • Tポイントカード
  • お札を3~5千円分ほど

 

小銭も入れようと思えば入れられるのですが、取り出しにくかったり留め金が締めにくくなったりするので、お釣りが発生したら男性のように「上着のポケット」に入れるようにしています。

今まで財布バッグに常備していた目薬やリップクリームなどは、「なくてもなんとかなるもの」「最悪その辺で買えばいいもの」だと割り切って除外しました。

 

 

持ち歩く現金を最低限にして、クレジットカード派に移行

 

出先で生じる色々な支払いは、できるだけクレジットカードを使うようにしています。

前述した通り小銭が増えたらなにかとめんどうだし、クレジットカードの明細はwebで確認できてレシートを大事に持っておく手間が省けるためです。

 

これがとても快適!!

家計簿をつけるときにどうしてもレシートは必要になるものだと思うのですが、せっかくのエクセル家計簿なのにそこだけアナログから抜け出してない感があり、
また「家計簿をつけ終わった後に紙ゴミがたくさんでる」のにモヤッとさせられていました。

明細をwebで見られるカードを持ち歩いていれば、ペーパーレス化できるうえに家計簿もcvsダウンロード→コピペで済むので楽チンです。

 

どうしてもクレジットカードが使えない場面や、同行者と割り勘になった時のことを想定してお札を数枚持ち歩いています。

現金払いからクレジットカード払いに移行してお金遣いが荒くなるかな~と懸念していたんですが、そもそも最近はもうそんなに熱心に買い物をしないということもあり、使う額は以前とそこまで変わっていません。

会計に時間がかからなくなったりポイントが溜まったりと他にもメリットがあるので、カードが使える場面ではなるべくカード払いを利用しています。

 

 

小さいバッグのメリット

 

小さいバッグのメリットはなんといっても「身軽なこと」です。

以前からそこまでたくさんの荷物を入れたバッグを持ち歩いていたわけではないのですが、それでも肩が凝ったり「重量のあるバッグを、肌身離さず持っていなければいけない気重さ」のようなものを感じていました。

「これがないと外を出歩けない、買い物に行けない」と思うものの量が、現在の2倍から3倍くらいはあったように思います。

あと、どうやらバッグの中がぐちゃぐちゃになってものが取り出しにくいのがストレスになる性格だったようで、気に入って買ったバッグでもだんだんと「使いにくいから使ってない」という状態に陥ることが多かったです。

 

大きなバッグから財布バッグに移行した時に感じた快適さがくせになってしまい、更に手荷物を軽量化できないかと考えた結果、このスマホバッグスタイルに落ち着きました。

実際にこれで出歩いてみて、今のところ「今この瞬間にアレがバッグの中に入ってれば~!」と思うような場面に遭遇していません。

 

理想としてはTポイントカードなども手荷物から除外したいだとか、あとスマホもそもそも肌身離さず持っていなければいけないものでもないのでは……?という疑問もあったりするのですが、そこは「最終到達地点」ということで……。

今のところは、このスマホバッグが私の「ベスト手荷物」になっています。

 

 

小さいバッグを買う時に気を付けたいこと

 

小さいバッグの難点としては、「やたら冠婚葬祭っぽくなる」か「やたら子どもっぽくなる」のどちらかに振れやすいので、そのあたりの工夫は必要になるかと思います。

このスマホバッグを買う時も黒かキャメルの2択で迷ったのですが、黒だとかなり「結婚パーティ用っぽいかんじ」になってしまいました。

キャメルはキャメルで若干幼い感じになってしまうのですが、服をシンプル&モノトーンにすることでカバーしています。

 

バッグに関してはだんだんと理想とするスタイルに至ることができているかな~というかんじです。

もう旅に出るわけでもでもないかぎり、必要以上に大きなバッグは持ちたくないです!!!

 

 

広告